不動産投資を行うにあたって、必要最低限知っておきたい知識などをご紹介していきたいと思います。

まずは基礎の基礎から。「不動産業」という言葉が世の中には存在していますが、この言葉には不動産の売買や交換、賃貸や管理業なども含まれています。非常に広い意味がある言葉なんですね。不動産業に似た言葉で「宅建業」というものがありますが、これは広い意味を持つ不動産業の内、取引のみのものを指しています。つまり、宅建業とは不動産取引業ということです。まずは、こういったことから押さえておく必要があります。なぜなら、不動産投資は「宅建業」の範囲であるからです。

宅建業は、正しくは「宅地建物取引業」と言います。宅地建物取引業とはどういったものかというと、自らが宅地や建物の売買・交換を行ったり、売買・交換・賃借の代理や媒介を業として行うものをいいます。宅地建物取引業については、「宅地建物取引業法」という法律がいろいろと規制をしています。不動産投資を行う者は、この宅地建物取引業法という法律についてきちんと知っておくことが必要になってくるでしょう。ただし、宅地建物取引業法は、「自ら賃借を行う宅建業」については規制の対象とはしていません。売買や交換を行う、売買や交換や賃借を代理・仲介する、といった場合には宅地建物取引業法の規制を受けることになります。


不動産の購入にかかるお金のお話しをしましょう。不動産購入や不動産投資について、多くの人が難しそうだなと思う理由としてまず真っ先に挙がるものに「何にいくらかかるかよくわからない」というのがあると思います。我々が、日常生活の中で、スーパーやコンビニなどで買い物をするときの「買い物」とは大きな違いがありますよね。金額の大きさはもちろんのこと、何にいくらかかる・どんなお金がかかるといったあたりがなかなか難しいと思います。

まず、不動産購入については、①物件価格と②諸費用の2つがかかるということを基本として理解しておいて下さい。そしてこの諸費用というのがややこしいのですが、税金や登記費用、ローン諸費用、不動産会社への仲介手数料などがいろいろとかかってきます。合計金額は、もちろん莫大な金額になります。税金についての専門家は税理士・会計士、ローンの諸費用や仲介手数料などについては不動産会社、登記についての専門家は司法書士になります。不動産投資を行う上で、このあたりの専門知識については概要を知っておくことは非常に大切なことです。しかしながら「いかに専門家から助けを受けるか」ということの方が、不動産投資の目的とその目的を達成するまでのプロセスという全体の大枠の中で重要なこととなります。

早い話、一般の人が「めんどうくさいなぁ」「難しいなぁ」と思う専門知識分野については、専門家がいるので、どういった専門家がいてどうやって専門家から知恵を借りるかということが非常に重要だということです。

不動産投資家にとって重要なことは、これらよりももっと別のところにあります。このあたりについて、別ページでお話ししています。






ogtzuq