計画や構想は、実行に移してはじめて意味があるものとなります。不動産投資の実践にあたって、大きな障壁・問題となってくるのが「資金」です。資金が無ければ、全てが始まりません。
不動産投資資金をどうやって用意するのか、ということについてお話ししていきましょう。当たり前ですが、自己資金が無ければ他人資本を活用する、つまり「借り入れる」ということが必要になってきます。資金の借り入れ先には、銀行や国民生活金融公庫などがあります。

どのようなところから融資を受けるにせよ、「信用」というのが非常に大事なキーポイントとなります。

・ 職業・収入源
・ 配偶者の有無
・ 子どもの有無
・ 借金の有無
・ 提供できる担保
こういったことが借入を行う上での「信用」に影響するのは言うまでもありませんよね。





ogtzuq